営業時間内のお問い合わせはこちら
0120-022-033
MENU

弊社の取り組み
Our Efforts

/ 安全に関する想い / 弊社の取り組み

安心安全提供企業をめざして

産業機械による災害防止には、「安全な機械を、安全に設置して、安全に使うこと」が重要と言われています。
弊社では、「ロボット特別教育」などのオペレータ様向けの研修や、「危険体感設備や災害事例集などを活用した公開講座」、「安全向上策などの改造事例提案」など、ユーザ様のご要望に応じて「安全に使う」ための様々なお手伝いをさせていただいております。
  • オペレータ教育研修風景
  • 公開講座風景
  • ダミー人形を使用した挟まれ事故の実験研修風景
  • オークラ製品を安全にご利用いただくための
    啓蒙資料配付

安全性向上に対する取り組み

  • 危険体感設備を活用した実技講座

    各種危険体感設備を設置し、現場で起こり得る様々な危険作業を疑似体験していただきます。事故の恐ろしさを認識し、再発防止につなげることを目的としています。

  • 災害事例集

    過去に発生した重災害、軽災害等を事例集としてまとめ、類似災害の防止に活用しています。

  • 労災事故初期対応ガイダンス

    労働災害発生時の基本行動・注意事項をまとめ、社内及びお客様への安全喚起として活用しています。

  • OHSAS18001認証取得

    グローバルスタンダードとして国際的に広く受け入れられている労働安全衛生マネジメントシステムの仕様規格である「OHSAS18001」の認証を取得しました。
    OHSAS18001は、英国規格協会が1999年に制定した「Occupational Health and Safety Assessment Series 18001」の略で、職場における労働安全衛生上のリスクを評価し、危険を回避し安全性を確保する事を目的としています。

  • 主要事業所の災害対策拠点化

    救助資機材・救援物資等の非常用備蓄倉庫、飲料水確保のため非常給水装置など災害発生時に事業所を地域の災害対策拠点として機能させるための取り組みを行っています。

  • 非常用衛星電話、AED(自動体外式除細動器)全拠点設置

    災害発生時、一般電話や携帯電話の通信が困難な時に、被災地と遠隔地(非被災地)との確実・迅速な通信が可能な非常用衛星電話や心室細動(心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態)になった心臓に対して電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器であるAEDを全拠点に設置しています。